CUSTOM ORDER

今日はカスタムオーダーについて語りたいと思います!

自分が初めてオーダーしたのは中学生の時なんですが、

ボードの善し悪しというより、デザイン性に走っていたのを

よく覚えています。

 

その当時ケリーがアマチュア注目度NO1で、ボードに斬新な

エアーブラシが入っていて、それをそのまま真似して書きました。

 

そして半年後に出来上がったのがクリアのボードでした。(笑)

 

当時お世話になっていたPRESENCEサーフボードは自分を育てて

くれた恩師のサーフボードブランドでそれでも超嬉しかったです。

 

結局そのボードはイマイチ調子よくなくて、次のボードから

何本かテストして行くうちに凄く調子が良くなっていった

のを覚えています。

その当時から作ってもらったボードには必ず自分で絵を描いたりして

とても愛着をもっていました。

 

結果、そいうピュアな気持ちで想像し作り出す物の方が、

何でもいいやって思ったものより、

遥かに自分に影響するという事だと思います。

 

下の写真はバリの大会の時ですが、これもシェーパーさんと自分で

デザインしたボードなのでこういう連携したものが、形になる

喜びもあるのではないでしょうか?

 

バリ島なんて行けば写真なんていくらでも撮ってもらえますので、

ボードにカラーがあるだけでもまたフォトジェニックになります。

 

モデルボードはある程度プロやトップアマ達がテストしているので、

大体出来上がっている物に対し、しっかりサイズ調整し、

自分の好きな絵や、エアーブラシを入れる。

そうする事によって、そのボードに携わる事ができるので、

自分だけのカスタムボードが出来上がるのではないでしょうか?

 

ボードのデザインも同じ事なんですが、そのモデルを乗り切ってこそ

次のステップがあるように思えますので、いろんな波にチャレンジし、

もっとボードの事を知り、次のステップとしてレベルアップして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

photo B.F takayama