使う道具

昔憧れていたプロサーファーのマット"アーチ”アーチボルド。

当時やりたい放題でいながらも、その存在感とカリスマ性で飛び抜けてかっこ良かった。


彼が着ている服があれば、同じ服を着る。ボードのデザインも真似し、スタイルもマネしました。ハワイでも何度かハワイのOFF THE WALLでセッションで来た事も、自分にとって忘れられない思い出ですね。


憧れる人がいるという事がどんだけ自分をあげてくれるか!? 誰しもがこういう経験はあると思います。

年齢を重ねれば、またそういう人物像も変わるのでしょうが、、、、


やっぱりこの当時の影響力や、スタイルは永遠な訳で、カッコイイものはカッコイイ。

後は、それをどうアレンジ出来るかが自分のテーマでもあります。


例えば、シェーパーでも誰を支持して影響されてきたかで方向性も変わる訳です。シェーパーで誰も支持しなければ、その人自身の考えだけの世界になる訳ですから、それは経験とセンスが問われるでしょう。


影響される者が本物であれば、それは間違いないわけですから、後はそれをどう自分でアレンジしながらオリジナルティーを見つけて行くかが大切だと思います。


サーフボードもウェットスーツも洋服も、靴もアクセサリーも、全ては自分のモチベーションとその人のアティチュードが背景として見れる人が、カッコいいのかなと思います。


スタイルばかり追求するのは何かと難しい部分もありますが、今までの歴史上でのサーファーを題材にするスタイルは、面白いと思います。


長々と書いてしまいましたが、、、まずは使う道具も愛着もてた方が、断然上達するという話でした。