マシンシェイプ

写真はマシンにかけて仕上がってきたブランクスです。

ここまでくれば、サーフボードも重要なロッカーは確実に形になり、ほぼ均等に削られてきます。

ここから重要なのは、レールやエッジを仕上げる技術にボトムコンケーブをどう施していくか!?

 

カスタムであればいろんなイメージでレールの形状、コンケーブやチャンネル、またはテールを絞ってウィングを入れたり、バンプを入れたり。テールをフィッシュにしたり、いろんなバリエーションでサーフボードが形成されていくのですが、この辺りのイメージは経験とセンスがなければハチャメチャな感じにも成り得ます。サーフボード作りは技術はもちろんですが、それなりの知識とセンスがなければ成り立たないとも思います。

 マシンシェイプで原型を打ち出す重要性に、そこからデザインするポイントも進化していくように感じます。RAGE SURFBOARDSでは、そういった部分を更に面白くカスタムし、海外物のサーフボードはもちろんですが、いろんなバリエーション、デザインを吸収し、それをオリジナルにしてテストを重ねる工程を続けていきたいと思います。