TOKITA NEW MODEL

いつも真面目に、直向きな彼の仕事は未だ一度もクレームを出さず、最高の品質でボードを仕上げてくれます。

また彼のシェイプしたボードはラミネート以外の工程は自身で手を加えています。

 

外国ではここまでやらないと思いますが、”職人のプライド”という枠が彼のパーソナリティーにあります。

 

サーフボードビルダーにもいろんなスタイルがあり、多分みんな同じ様にそれぞれの中でモデルを模索し、自身のオリジナルを目指しているのだと思います。

 

それをユーザーが選ぶ。 

 

全てはそこに費やした形をユーザーさんは買う訳なので。彼の費やした物とは、僕は価値ある物だと思います。

だから、シェイパーとして選んだ。

 

あまり表には出ないけど、普通の人が仕事をするのと同じ様に毎日粉まみれになりながらサーフボードを作っている。

 

 

 

 

これが最近できたファン系ショートボード。幅もありビーチブレイクをメインに楽しめそうなモデルです。

ブラシもNICEな80'sに、デザインバフもお洒落です。

コイツは面白そう〜

 

 

今日も1日感謝です。